r-7110のブログ

メルマガ『reborn』バックナンバー

いい感じ♪

こんにちは

内藤です

 

木曜日にね

国立校のジュニアSクラスのイベントレッスンをしたんです

 

国立校の参加者は7名

 

ちょっと少ないし

いつもと違う緊張感を出したかったので

調布校から4名招集したんです

 

11名で2時間半

 

結果から言うとね

 

 

すごいいい感じでした!

 

みんなめっちゃ頑張っていました

 

やはり普段と違う雰囲気なのか

程よい緊張感の中

しっかりと取り組んでいました

 

2時間半があっという間でした

 

 

レッスン内容はね・・

 

サーブして

ちょっと球出し練して

ポイント練習・・・

 

途中ちょっと疲れが見えたので

遊び的なトレーニングでリフレッシュして

またポイント練習

 

まあ、要するにね

ほとんどポイント練習をしただけです

 

 

私は何も教えていません

 

・・・

 

いや、ほんとに・・・

 

フォームのことなど一つも言ってないです

 

戦術とかも何にも言わないです

 

いや、ほんとに・・・

 

 

ほんとに何も教えていません

 

私がしたこと

 

それは

 

ビジョンを示しただけです

 

スローガンを提示しただけです

 

レッスン開始前に

みんなを集めて大きな声で宣言しただけです

 

 

今日、俺たちがやることを言うぞー!

 

楽しくしよう!

元気よくやろう!

ちゃんとやろう!

 

それだけだー!

分かったかー!

 

よっしゃやるぞー!!!

 

 

そう大声で言っただけ

 

それで私の仕事の大半は終了です

 

その後もね

私がしたことなんてね

 

とにかく誰よりも大きな声を出して

エネルギーのある空間にすること

 

なかなかその空気感に馴染めない子がいたら

ちょっとした世間話とかをして和ませてあげること

 

 

そうです

 

これも以前に書きましたが

私がしたことは

リーダーシップとマネジメントです

(※「指導力」参照)

 

 

テニスのレクチャーなんて必要ないんです

 

まず大事なことはビジョンを示すこと

 

この練習の場をどんな場にするか

どう取り組むか

 

それを子供たちがイメージ出来るように示してあげる

 

そして

率先して引っ張ってあげる

 

それだけで

いい感じの場

エネルギーのあるポジティブな空間になる

 

すると

子供たちは自分から取り組んでくれます

 

その状態にして

ポンっと熱のあるアドバイスをすればいいだけです

 

 

構えろよー!

もっと声出るぞー!

左手が雑だぞー!

どうした!?そんなショットで試合で勝てんのか!!

 

そんな声かけだけで

子供たちはパッと目の色を変えてファイトしてくれます

 

 

そんなものです

 

子供たちのレッスンにおいて

まあ、これは大人もそうですが

 

いかにその場の空気感が大切かということ

 

そして、それを創出するのが

我々コーチの役割なんです

 

 

あとはマネジメントね

 

まだ下手な子や静かな女の子とかね

 

自信がなくて声が出ていない子がいたりしたら

 

しょうもない話をして笑わせたり

その子が打つ時に一緒に声を出してあげたり

みんなの前でその子のいいところを言ってあげたり

 

全体のバランスと

子供たちの関係性を見極めてマネジメントすることが必要です

 

 

木曜日はね

 

ほんとにね

それぞれの子がしっかりしていました

 

私がいくらリードしても

最終的に場を作り上げるのは本人たちです

 

木曜日の子たちは

本当に熱い気持ちを持ってイキイキと取り組んでくれました

 

絶対に強くなりますよ

 

今後が楽しみです

 

 

今日は今からジュニアの1DAYキャンプです

 

今日も20名ほど来ますが

ガツンと盛り上がってやろうと思います

 

さすがに一日あるから

ちょっとはテニスも教えた方がいいかな・・・

 

 

それではまた

 

頑張ろう日本!